チャイニーズハムスター

チャイニーズハムスター
             
 

キャンベルハムスターの歴史

チャイニーズハムスターは、中国の北京近くで捕らえられたものが、 1959年にアメリカ合衆国に遺伝研究用に導入されてから広まりました。

キャンベルハムスターの特徴

チャイニーズハムスター パールチャイニーズハムスターは尾が長く、外見がネズミに似ていますが、おとなしい性格のうえ、排泄物の匂いも少ないので、実験動物として定着しました。

けっこう素早いところもありますが、とてもよく人になれます。モンゴルハムスターと呼ばれることもあります。

尾が長めで、原種は淡茶に背中の一本線が特徴ですが、現在ではさまざまなカラーバリエーションが出ています。

チャイニーズハムスターの品種

ノーマル

グレー色のものから、グレーと白が混ざり合ったものまでいます。

ブラウン

薄茶の体色に、頭の部分から背中まで、黒い線が入っているのが特徴です。

シルバー

外見がネズミに似ている、チャイニーズハムスターの毛がわり種。糞尿の匂いが弱く、飼いやすい。

パール

毛がわり種のひとつ。性格がとても穏やかで、動きが素早いので、どちらかというと鑑賞向きです。

学名など

標準和名 モンゴルキヌゲネズミ
別名 チャイニーズハムスター、モンゴルハムスター
学名 Cricetulus griseus
英名 Chinese hamster
原産地 中国北西部、内モンゴル自治区
身体 全長
オス 約10.5~11.5cm
メス 約9.0~10.5cm
体重
オス 35~41g
メス 28~34g
妊娠期間 20日
産子数 6匹
離乳期間 18~20日
寿命 2~2年半
値段 3,000~4,000円

 

ハムスターの種類カテゴリの最新記事