ロボロフスキーハムスター

ロボロフスキーハムスター
             
 

ロボロフスキーハムスターの歴史

ロボロフスキーハムスターは、ドワーフハムスターの中で一番小さいハムスターです。

1994年9月に日本へ入ってきました。

ロボロフスキーハムスターの特徴

ロボロフスキーハムスターロボロフスキーハムスターは非常に臆病ですばしっこく、人には慣れない場合もありますが、攻撃的ではないので、飼育上不都合はありません。最も小さく、顔つきもかわいらしいハムスターで、活発によく動きますから、体は小さくても十分なスペースを与えて飼育しましょう。

臆病なので、触ったりする種類ではなく、あくまで観賞用として飼育しましょう。何匹か一緒に飼うこともできますが、その場合は小さいころから一緒に飼いはじめます。

また、ゴールデンハムスターと同じサイズの回し車は合わないので、必ずドワーフ用の回し車を準備します。

毛色のバリエーションはなく、みんな体の上部が黄褐色、下が白というパターン。目の上には眉のような白い模様があり、足の裏と尻尾には毛が生えています。

学名など

標準和名 ロボロフスキーキヌゲネズミ
別名 ロボロフスキーハムスター
学名 Phodopus roborovskii
英名 Roborovski hamster
原産地 ロシアトゥパ自治共和国
身体 全長
約7cm
(オスの方がわずかに大きい)
体重
約15~30g
妊娠期間 約18~30日
産子数 1~9匹
離乳期間 3週間
寿命 2~3年
値段 2000~10000円

 

ハムスターの種類カテゴリの最新記事