皮膚の病気

皮膚の病気
             
 

アレルギー性皮膚炎(あれるぎーせいひふえん)

症状

おなか、胸、わき腹などの広い範囲の毛が抜けたり、かゆみを伴う発疹ができます。

原因

特定の床材や食事などに対するアレルギーから起こります。
シダやパインなどの床材が原因になることもあります。

治療

アレルギーの原因となるものを取り除きます。

予防

肥満のハムスターに起こりやすい病気なので、ハムスターの食生活に注意します。

細菌性皮膚炎(さいきんせいひふえん)

症状

毛が抜けたり、赤い発疹ができます。

原因

怪我や噛み傷から、細菌が皮膚に感染します。

治療

抗生物質で治療します。

予防

ケージが不潔だと感染しやすいので、ケージの掃除を欠かさないようにします。

ニキビダニ症(アカラス)

症状

ゴールデンはムスターの場合、腰からおしりにかけて脱毛したり、炎症を起こします。

ドワーフハムスターの場合は、首から背中にかけて脱毛します。

かゆみがひどいとひっかいたり、かんだりすることもあります。

原因

ダニによる寄生。

治療

注射や塗り薬で寄生しているダニを退治しますが、副作用で元気がなくなったり、食欲が落ちることがあります。

予防

予防のために、ケージは常に清潔にしましょう。飲み水やえさの食べ残し、フンの処理もまめに行いましょう。

ハムスターの病気カテゴリの最新記事