ハムスターの飼育準備

ハムスターの飼育準備
             
 

ケージ

ジャンガリアンハムスター ケージペットショップやホームセンターでハムスター用のケージが販売されているので、これを利用すると便利です。

色や種類、2階建てや3階建てのものなど、さまざまな種類があります。

また、熱帯魚を飼う水槽もよい容器となります。なるべく縦50cm×横50cm以上のものにします。

金網のケージの場合、ハムスターが金網に四肢を引っ掛け、捻挫や骨折をすることがありますので、足を引っ掛けないように、底の金網ははずして使います。

床材

ゴールデンハムスター ハウスワラや干し草、おがくずなどをたっぷり入れます。

ハムスター用の床材が市販されています。ハムスターは地面に巣穴を掘ってすんでいたので、もぐれるくらいの量があれば理想的です。

底に新聞紙やペットシーツを敷き、その上に床材を入れると、掃除が楽です。

地面に掘る巣穴の代わりとしても、必要です。

木製の巣箱ですと、ハムスターがかじって、歯が伸びすぎるのを防止します。

むしろかじらせてあげるものと考え、壊れたら新しいものと取り替えるようにしましょう。

巣材

巣箱の中には、保温できるように、巣材を入れます。

干草やおがくずは湿気でかびやすいので、保管の際は乾燥と清潔に気をつけます。

トイレ

トイレは特に用意しなくてもかまいませんが、置くのであれば、中に入ってもひっくり返らない、浅くて口が広く、重みのあるものにして、中にはトイレ砂を入れます。

ハムスターは一定の場所でフンや尿をするので、その場所にトイレを置くと掃除が楽になります。

えさ入れ

ハムスターがえさ入れの中に入り込んだりするので、浅く、ひっくり返りにくい陶器製がよいでしょう。

プラスチック製のものですと、かじられてしまいます。

ボトル式ですと、こぼすこともなくケージが汚れません。

最初うまく飲めないハムスターもいますが、一度ハムスターの口元の給水機を持っていき、ちょっとボトルを押して水をたらすと理解し、給水機を使うようになります。

給水機の飲み口部分にあるボールを上手に押し上げることができない場合は、ボールが付いていないタイプに変えましょう。

それでもだめな場合は、鳥用の水入れケースを固定してください。

ただし、水入れケースはふたがないため、すぐに水が汚れます。

こまめに交換してください。

砂漠の動物だったハムスターに湿気は禁物なので、じめじめしないように注意します。

回し車

運動不足やストレス発散のため、ハムスターのサイズに合った回し車を設置します。

子ハムスターやドワーフは、ドワーフタイプの回し車でないと、歩幅が合わず、うまく回せません。

野生のハムスターですと、一日に20キロメートルくらい動き回ります。

はしご・トンネル

巣穴で生活していたので、トンネルが好きです。

また、はしごなども入れておくと上り下りして遊ぶので、運動になります。

ハムスターの飼い方カテゴリの最新記事