冬眠

ハムスターの冬眠と冬越し

ハムスターの場合、「冬眠」ではなく、「冬越し」 野生のハムスターは、気温が10度くらいになると活動が鈍くなり、あまり巣穴から出なくなります。そして、4度くらいまで下がると、巣穴の中で体を丸めて動かなくなります。えさもあまり食べずにじっとして […]

ハムスターの冬眠

ハムスターの冬眠と仕組み 冬眠開始に、メラトニンというホルモンが関わっているという説があります。ホルモンは体内で作られ、動物の行動を制御している化学物質です。メラトニンは脳にある松果体という器官で作られ、日長変化に影響を受ける行動に関わると […]

冬眠について

冬眠とは 一部の哺乳類が冬に体温を下げ、眠ったように過ごす行動を「冬眠」といいます。なお、ハムスターの場合は正確には「冬越し」といいます。日本の哺乳類で冬眠するのはヒグマ・ツキノワグマ・アナグマ・エゾシマリス・ヤマネ・小型コウモリ類です。冬 […]